師走の茶

12月13日 Hello everybody

●時雨庵  子葉の句読む 師走の茶
●討ち入りや  子葉自筆の  句の淑気
●師走の茶  お点前の君に  釜たぎる
●義士の句に  寒椿二花  添ふやうに
●岩の菊と  詠みし子葉の  茶の心

師走の茶。心静かに味わう。久しぶりにお点前も。先輩の所作に見入る。
床の間の47士の1人大高源吾・俳号子葉の某書簡に記した2句を玩味する。
句1:真木の屋に時雨おきたる木の葉哉・・・・・・真木は、槙か。
句2:冬まても秋の残るや岩の菊・・・・冬まても、は冬までも。
13日pm6:37 Good luck everybody

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です